静岡市 清水区 音楽教室 Tiny Studio music school ~ 清水駅から徒歩4分~

静岡市清水区、清水駅から最も近い音楽教室のブログ

ギターを弾く姿勢

こんにちは。
Tiny Studio music school ギター、シンガー・ソングライターDAW/DTM 講師の谷本富久です。


今日は姿勢のお話です。

 

最近、ある小学生の姉妹さんのレッスンで、楽器を持つ姿勢について、いろいろと思うことがあったので、そのお話です。

 

 

以前もこちらのブログで少し触れましたが、

ギターを練習する際のいい姿勢とは、まず

ギターを高い位置で構えること。

座って弾く場合だったら足台を使って、立って弾く場合ならストラップを短くして楽器を構え、必ず、

肘よりもネックが上に来るように、

位置関係を調整。

 

そして、

体とギターは平行ではなく、斜め

になるように構える!

ギターを持ったまま、左手を前に突き出し、右手を手前に引くように意識する。

 

左肩と右肩を結ぶ直線が、ギターのヘッドとエンドピンを結ぶ直線と45°の角度になる姿勢を基準に、構えやすい、楽な姿勢を探ってみる。

 

......と、これが基本的なギターを練習する際の姿勢です。

 

 

はじめのうちは、練習に疲れたり、コードを押さえる左手に見入っていると、どんどん姿勢が崩れてしまいますが、グッとこらえて、姿勢をキープすることが、とっても大事です。

 

 

 

そして、冒頭で触れた姉妹さんのお話ですが、思えば最近、姿勢にについて注意する回数がめっきり減りました。

そして、ちゃんといい姿勢をキープできています。

 

ちゃんと成長してるんだと、実感できて教えているこちらも嬉しいです。

私は、姿勢というのは、体のことだけでなく、精神的な部分でも大変重要だと思うことがあります。

 

たとえの短いレッスンの時間だけでも、同じ姿勢で一つのことに挑む、それはとても素敵なことだと思いました。

 

wrote by 谷本富久